感謝と自己肯定感で人は優しくなれる!手紙部部長拡散中♪

「成幸サーキュレーションラジオ」

第26回の収録を
2019年3月13日に行いました。

今回のゲストは

ライフバランスアドバイザー

手紙部部長

砂場 将志さん

です。

砂場さんは

大学を卒業後、
看護師として従事。

日々身体と心に向き合いながら

入退院を繰り返す
多くの人達やシステムに
疑問を持たれ、

そのことをきっかけに
健康を保つ
「予防医学」
に興味を抱き
保健師に転職。

精神疾患や難病、
育児相談から
介護予防まで、
さまざまなライフステージの
健康問題を改善に導かれています。

さらに現在は、

ふるさとである岡山で
古民家カフェや民泊を作り、
地域の活性化に取り組まれ、

健康で豊かな街を築くために、
バランスの取れた
成功者や経営者から、

「在り方」や「資産形成」、
「不動産事業」などを学びながら、

・SNS流通業、
・異業種交流会、
・ファイナンシャルセミナー

を立ち上げ、
たくさんの人に笑顔を
手渡せるよう
日々様々な活動をされています。

そんな中、
新居田やよいさんとの出会いを
きっかけに、手紙部の活動を
始められました。

「手紙部」
の活動は、
まずは自分自身を振り返り

自分自身への感謝をすることから
始まります。

砂場さんは普段から

「感謝を習慣にしていきたい」

と思いながら、
家族や大切な人に

ありがとう

を伝えていないことに
思いを向け
それを伝えるのに

「手紙」

を書きたいと思うも

日々の喧騒のなかで

「手紙を書く」

という時間をつくる
ことが
なかなか一人では
できないため、

では
「皆でやるイベント」
にして
習慣にしていこう!!

という思いを
持たれていたところ

「手紙部」

を立ち上げられて
活動されている

新居田やよいさん
と出会い、
意気投合し

ご自身も
「手紙部部長」
として
ご自身の思いで

「手紙部」

の活動を展開されています。

2019年3月3日には

2018年7月に水害の被害にあった
岡山県倉敷市の被災地にて
「手紙部」を開催されました。

「手紙部」では、まず

自分への感謝

を伝えるために
「自分自身への手紙」
を書くことから始まります。

自分のことを
一番よく知ってくれているのは
「自分」であること。

つまり

「にっぽんのまんなか」

である自分自身に
まず感謝を伝えます。

そこからすべてが始まります。

砂場さんの「手紙部」は、

早朝開催が基本です。

朝いちばんに
感謝のエネルギーを
シェアしあうことで
その日一日が
素晴らしいエネルギッシュな
一日となります。

と砂場さんはおっしゃいます。

番組では、

砂場さんに

「手紙部」への思い、

「手書きの手紙」の魅力

を優しく、たくさん伝えて
いただきました。

「手紙部」の魅力と
優しい砂場将志さんのメッセージを

是非、オンエアーをお聴きいただいて
受け取ってくださいね!、

そして、

あなたも

「手紙部部長」

になりませんか?

---<砂場将志さんからのメッセージ>---

私自身が一番楽しむことだったりとか
私自身が一番幸せになる事を決めていますので
その中で皆様、ご縁のある方は繋がっていただいたり
本当にまずは、自分が一番幸せになる事を
決めていただけたら嬉しいなと思います。

----------------------------------

<砂場将志さん Facebook>
手紙部部長 砂場将志(じゃりんこ)

※繋がられる場合には必ず砂場さんに
一言メッセージを添えて申請してくださいね。

----------------------------------------------------

※新居田やよいさんについては
第23回のブログを参照ください

----------------------------------------------------

第26回の放送は

2019年4月3日(水)18:00~18:30
(再放送:2019年4月10日(水)18:00~18:30)

ゆめのたね放送局
「関西チャンネル」より
お届けします。

<番組の聴き方>
ゆめのたね放送局のホームページ
より、関西チャンネルバナーの下の
再生ボタン▶
を押してください。

Related Entry

被写体はエネルギーだった!昇華し続けるフォトビジョナリストと...

にっぽんのまんなかから神(紙)に託して伝える至上の心!手紙部...

令和元年、即位の日の「ギュっと♡」

初めに理想の暮らし在りき!悩めるママが至った結論とは?

よめ(代・女)パワーで世界を変える!!

農マドワーカーに聴く!